11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
*整形外科受診*
 
1ヶ月ぶりの整形外科受診でした。
いつもどうり時間ギリギリで到着。案の定駐車場が一番遠くしかない…小雨のなか娘ちゃんを抱いてかなりの距離を歩く(汗)。

受付機を通して先ずはレントゲン。待つこと30分。名前が呼ばれ娘ちゃんだけレントゲン室へ。外で待っていると尋常じゃない泣き声…たぶん泣いて暴れてたんだろう。いつもの倍位時間がかかって出てきた。


次は整形外科の診察。待つこと1時間。名前を呼ばれて診察室へ。またもや大号泣…。
先生に見てもらうも左手を見せるのを頑なに拒否。看護師さんにおもちゃであやしてもらっている間に先生が傷跡を定規で計ったり見たりする。結果は傷跡が少し腫れているけどレントゲンでも問題はないようです。良かった。

今度は半年後に受診です。
 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(0), -, - pookmark
*整形外科受診*
 
今日は朝から整形外科に行ってきました。傷は順調に回復しています。


でも気掛かりなことができてしまいました。前にblogにも書きましたが左手の大きい方の親指が曲がっていることを先生にたずねました。先生のこたえは『今回は単純に小さい方の親指を切除しただけで大きい方の親指は触っていません。一本のはずの親指が二本にわかれたので指のなかの成分も一本のものが二本にわかれています。なので左手の親指の骨が右手の親指の骨に比べて小さいです。それもあるし、小さい方の親指があったのもあって内側に若干曲がっています。成長と共にもっと曲がってくることもあるので、これから様子を見ていって今より曲がっていくようなら骨を削って真っ直ぐにする手術をします。』と言うことでした。

正直なところもっと軽く考えていたのでかなり凹みました。でも凹んでいても仕方ないので様子を見ていくことにします。
でもやっぱりもうこれで手術は終わりだと思っていたので…まだちょっとモヤモヤした気持ちです。

次の受診は9/30火曜日で、レントゲンを撮ります。
 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(0), -, - pookmark
*気になる事*
 
今日から左手を水に濡らしてもOKになりました。久々にテープもなにもない左手の親指。傷口もかさぶたが少しある程度でかなりきれい。

朝、テープを外して普通にものをつかんだりして遊んでる娘ちゃんを旦那さんと見ていたら旦那さんが「なんか左手の親指内側に曲がってないか?」と言うのでマジマジと娘ちゃんの指を見ると…うーん確かに内側に若干曲がってる気がする。今までは小さいお父さん指があったからあんまり大きい方の親指って気にならなかったから、前から曲がっていたのかも。
ものを掴むときもあんまり親指を曲げたりしないで他の4本指で掴んで親指は添える感じ。これは手術後で傷のところの皮膚が突っ張って曲げにくいのか、それとも別の原因で曲げないのか…来週の火曜日に受診なのでそれまで様子を見てみます。

1本のはずの指が2本に分かれて形成されていたので多少のことはあるんだろうと思います。でもこれが将来的に影響があるならば治さなければいけないし、なんら影響がないのであればそれで良いことです。気にはなりますが、1週間弱あるので様子をみます。
 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(0), -, - pookmark
*抜糸*
 
今日は抜糸に行ってきました。am10:00予約でしたが待って待って…2時間以上待ってようやく名前が呼ばれました。娘ちゃんは途中でお腹すいたり眠くなったりでぐずぐず(汗)。予約制なんだからもう少しなんてかならないのかなぁ…この待ち時間。
 
そんなこんなで診察室に入って傷口を見てもらい抜糸しました。
待ち時間があまりにも長かったので、あっさり終わった診察と処置にあの待ち時間て…とげんなりしながら終了。娘ちゃんがすごくお腹をすかせているので病院の病棟下のロビーのテーブルでお昼を食べさせてから帰りました。お腹のすいた娘ちゃんはアンパンマン蒸しパンを2ことマンゴープリン1ことハイハイン2枚と私のお昼ご飯用のパンをかじっていました。
車に乗ったらすぐ寝ていきました。そうとう眠かったようです。でも家まで30分もかからず着いてしまうのであっけなくお昼寝終了。
20080819145546.jpg
家についたらびっくりするくらい機嫌がよくて、元気に遊んでました。子供ってスゴいなぁ。私なんてまだ疲れてダルいのに(笑)。
 
次の受診は26日火曜日です。


 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(1), -, - pookmark
*おてて*
 
20080816171604.jpg
小さいお父さん指がなくなって5本指になった左手。
まだ見馴れない。新生左手。
 
透明な防水テープだけでいいみたいですが、抜糸が未だであまりにリアルなので先生が上から見えないように不透明なテープをはってくれました。
 


 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(0), -, - pookmark
*整形外科診察*
 
今日は整形外科受診でした。9:00の予約でしたが、40分待ってようやく診察。
傷の状態を見てもらい消毒してもらいました。傷口はきれいにくっつき、出血もありませんでした。消毒してもらい、防水テープを貼っただけの簡単なものになりました。抜糸は8月19日の火曜日です。
予定より早く抜糸になりそうです。子供のもつ自然治癒力に驚きつつも、早く治ることはすごく嬉しく思います。 それにしても自然治癒力は生命力と比例するんだと思います。子供の溢れる生命力にはなにものも勝るものはないと感じています。そして生命力は食べるという行為に直結しているんだと、手術後の娘ちゃんを見て思いました。絶飲食中はぐったり寝てるのか起きているのか境界線があまりわからなかったけど、絶飲食を解かれ食事をとった後の娘ちゃんは見るからに生命力溢れていました。食べるっていうのは生きることなんだね。
 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(0), -, - pookmark
*左手手術その後*
 
明日は5日ぶりに病院に消毒に行きます。
娘ちゃんは痛い素振りも全くなく、普段どうりに左手を使っています。物も掴むし、ハイハイも高速でするし、つかまり立ちも平気。今のところ、外から見る分には問題はなさそう。

もっぱらの悩みは娘ちゃんにいつ告げるかって言うこと。知らなきゃ知らないで過ごしていけるかもしれない。傷も赤ちゃんの時に怪我したんだよと言えば何も疑わずに過ぎていくかも。でも、私はそれはしちゃいけない気がしてる。娘ちゃんに本当のことを話すのは、娘ちゃんの指を6本で生んだ私達親の責任だと思う。そして娘ちゃんにはそれを知る権利がある。だって自分の身体のことだから。でもタイミングが難しい。
いつどのタイミングで話すのか…悩むところです。
 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(2), -, - pookmark
*退院しました*
 
20080813050143.jpg
 
8月12日、am10:40無事に退院しました。
 
娘ちゃんも元気です。みんなの心配もなんのそので、平気で左手をついてハイハイしたり物を掴んだりしています。
 
朝、整形外科の先生が包帯とガーゼを外して消毒したので娘ちゃんの傷口をみました。1cm位切ってあり3針縫ってありました。もう小さいお父さん指はありませんでした。どこからどうみても5本指。 
 
次の受診はお盆休みがはさまるため少し先で16日です。 
 
 
実家に帰ったら大きいバァータンが心配そうに娘ちゃんに会いに来て、娘ちゃんの元気な姿を見て安心していました。そして昨日すごく心配していたという私の母親の方の大きいジーちゃんと大きいバーちゃんの家に娘ちゃんを連れていきました。大きいジーちゃんはもう90歳で少しだけボケてきていますが娘ちゃんを見て「おー、○○よ○○よ。良かった、よかった。」と喜んでくれました。
昨日はみんなに「車に乗っていいか?○○の見舞いにいかなならん。」と言って止められたそうです。 大きいジーちゃん、もう大丈夫だよ。 ジーちゃんは私が娘ちゃんを生んだ同じ総合病院に通っていて、妊娠中検診にいくとよく会ってみんなに「うちの孫で3人目の曾孫が生まれるんだ」と嬉しそうに話していました。一年前のあの時はまだボケておらず車にも乗っていました。今もまだしっかりしているけど、たまにおかしなことを言います。
 
娘ちゃんを可愛がってくれる大きいジーちゃんと二人の大きいバーちゃん。そしておじいちゃんとジィー、おばあちゃんとバァータン。娘ちゃんは幸福者です。


 
auther:asamama, 2008年夏 術後, comments(4), -, - pookmark
 1/1PAGES 
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.